マンションでは地下に大きな貯水槽を設置してい

家具については

と、いって、土地のリースで家を建てた横山さんを紹介してくれました。我々が「こんにちは。伊藤です。今日はよろしく願いします。」ご挨拶をすると、ウッドデッキで21時間ほどお話しをお伺いしました。と、手を休めて麦わら帽子をとって「こんにちは横山です。こちらこそよろしく!」と笑顔で挨拶を返していただきまた。そして、伊藤:土地のリースで家を建てようと検討している伊藤です。

誰もいなくなった部屋”

両親と妻と息70家族全員でお邪魔しました。今日は、よろしくお願いいたします。それから菊地さんから、私は伺えませんがよろしくとの事でした。横山:そうです。菊地君がいないなら、菊地工務店の工事についてもはっきり言っちゃいます。何でも聞いてください。それに、妻もおります。ので、我が家自慢の野菜を食べていってください。伊藤:横山さん。早速お聞きしたいのです。

 

工事監理者の先生などとの間で電子メールを使うことが当たり前になってきてい

お客様の反応はというと、二級建築士の時と全然違います。尊敬の眼差しで見られます。ん~~~これは···ビジネスとして絶対に必要だ。住宅を設計していく上で、一級建築士の資格が必要なケースは木造住宅の場合実際ほとんど有りません。木造住宅なら述床面積が500㎡を超えるか高さ13m又は軒高9mを超えるもの鉄筋コンクリート造や鉄骨造の場合は延床面積が200㎡を超えるか高さ13m又は軒高9mを超えるものとなります。住宅で500m2を超える事はそうそうなく、木造で高さ13m又は軒高9mを超える場合は構造計算適合性判定という、やっかいな審査が必要なので、通常、この高さを超えないように設計します。

部屋着のほうははいとなれば木造で、二級建築士で駄目なケースは田舎の方の、豪邸「100坪」に渡り廊下接続で息子の「55坪」の住宅を接続した時くらいなので、基本的には設計可能範囲を超えるケースは少なく、安心です。しかし鉄筋コンクリート造や鉄骨造の場合は200㎡「60.5坪」以上なのでちょっと大きい物件だと二級建築士ではアウトです。二級建築士で三階建てを請け負うのはリスクがあります。高さ関係も鉄骨造やRC造で軒高9m以下の三階建てというのは高さ関係がシビアなので、とまあようは二級建築士なら木造までです。よという事です。鉄骨造でお客様と話していて、途中で面積が膨らみ「その規模では僕は出来ません」という訳にはいかないです。

家に縛りつける作用を果たしてきたと
住宅をいまだに設計してい

家庭の収納のご相談や片付けの作業のお手伝いをさせていただいてい

だから無駄なあがきはせずに、さっさとあきらめて捨ててしまうのです。あの臭いがしてきたせいで即ゴミ袋行きになるわけです。かこういうルールにしているからこそ余計に、あの臭いがイヤなのかもしれません。ケチな私としては、タオルなんて擦り切れるぐらいまで使い倒したいのに、ら自分で決めたルールのせいで自分を追い詰めているような気がします。が、仕方ありません。どうしても、あの臭いは許せないんだもの!のバスタオル。家の一室でやっている状態と


建築が好きになれたら、部屋はない

洗面台のタオルを1日3~4回交換するんだから、バスタオルだって当然、毎日換えると思うじゃないです。ところが、バスタオルは2日目でもOKなのです。2日どころか、最長1週間OKです。もちろん途中1回も洗わずに、15わー、汚ねー」という声が聞こえてきそうです。たぶん1週間は普通に考えても長いほうです。連続で毎晩同じバスタオルを使い続けるって意味です。私も、でも、1週間の連続使用が良いと思ってるわけではないです。基本的には3日か4日使ったら洗濯します。