You are here: Home > >

猫の種類別に注意しなければならない病気 兆候があれば動物病院で検査を

犬種ごとに良くにかかる病気が示すように、猫も固体ごとに気をつけなければならない病気が異なります。

初めて家庭に猫を迎えることになる方であれば必読! 病気は治療も重要だが、予防も重要ですよ。

今日は猫の種類別に注意しなければなら 病気について説明します。

まず、アメリカンショートヘアは太りやすい猫種です。

子供の頃に活発でスリムでいた場合でも、大人になったとき、ふっくらとなる場合があります。

特に、アメリカンショートヘアは避妊手術後に帰宅してから特に肥満に注意する必要があります。

肥満は、いくつかの疾患(糖尿病、関節炎、脂肪肝など)のリスクを呼ぶので、普段の食事量の調節に注意する必要があります。

また、アメリカンショートヘアは 便秘が生じやすくなります。

主には飼料を食べたり、運動量が不足して便秘が生じます。

食欲不振、嘔吐、元気なしなどの症状を示す場合は、最近の様子に変化が無いかを確認してみてください

シャムやロシアンブルー猫たちは喘息が発生する危険性が高くなります。

喘息の主な症状は、咳です。

猫の咳は、吐き気をするように見えます。

吐き気をするように、猫がケクケクしながら咳をしているようなら動物病院を来院して胸部X線検査を受けてみることをお勧めします。

ペルシャやヒマラヤン種は腎不全を起こしていないか日ごろから慎重に気にする必要があります。

腎不全の症状は、嘔吐と脱水、多尿など排尿に異常が生じたり、食欲不振を見せます。

特に、猫が7歳以上になったら、毎年腎臓を検診(血液の検査、超音波)受けることをお勧めします。

顔が押し潰されたようなペルシャやヒマラヤンは呼吸不全と涙あふれ症、顔面皮膚炎などが生じやすくなります。

押された顔の形のためにいびき音がすることがあります。

常に目の周りの目やにをよく拭いておくことで眼病と皮膚炎を防ぐことができます。

この他にも、通常の体重を維持することができるような食習慣管理も気にする必要があります。

メイクーンは心臓病が発生する場合が多い。

呼吸困難の症状が最も代表的な症状です。

1分に50回以上の呼吸をしたり、通常よりも呼吸が速くなり、呼吸する行動が多く不自然になるならば、 動物病院で心臓検診(胸部X線、心臓超音波)を受けて見ることをお勧めします。

かかりつけでまず相談されて、それでも心配な場合はセカンドオピニオンを受けることをおすすめします。


《 参考にさせて頂いた動物病院 》

・ 埼玉県朝霞台にある あさかだい動物病院 新座市 ・和光市・志木市に住まい の方も多く利用されているようです。

・ 横浜市にある なかまる動物病院

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans